Excel関数 割り算の余りを求める(MOD関数)

Excel関数 割り算の余りを求める

Excelにおいて割り算の余り(剰余)を求めるには、MOD関数を使用します。

MOD関数の概要
種別 数学/三角関数
書式 MOD(数値,除数)
機能の概要 数値を除数で割ったときの余りを返す

セル「A2」に入力されている数値をセル「A3」で割ったときの余りをセル「A4」に求める場合は、セル「A4」にMOD関数を使って以下のように入力します。

=MOD(A2,A3)

MOD関数の引数と関数から返される数値の関係はつぎのようになっています。

関連知識

MOD関数に限らず割り算すべてにいえることですが、除数にゼロを指定するとエラーになります。

もし、0が除数に指定される可能性があるときは、IF関数を使って、除数が0のときは、MOD関数を実行しないようにします。

IF関数を使って、セル「A4」が0であれば、空データを表示します。0以外の場合、MOD関数でセル「A2」の値をセル「A3」で割った余りを表示します。

関連ページ

セルの内容によって処理を切り替えるIF関数

スポンサードリンク

Excel活用講座

関連サイト