Excel YEAR 関数

「1日1問」仕事に役立つ知識を充電(ITキャパチャージ)
いろいろな新しいIT用語が生まれています。ITキャパチャージでは、リクルートが運営するキーマンズネットのITキャパチャージではクイズ形式でIT関連の知識を身につけることができます。また、IT用語を調べるときにIT単語帳はたいへん便利です。IT関連の分かりやすく役立つ情報が満載です。ぜひ、無料会員登録をして活用したいサイトです。
■ Excel YEAR 関数 ■
Excelにおいてセルに入力された日付から年を求めるにはYEAR関数を使用します。

 ○ YEAR 関数の概要

種 別

 日付/時刻関数

書 式

 YEAR([日付])

機 能

 日付から年を返す。

■ 使用例 ■

 例えば、セル「B2」に入力された日付の年をセル「D2」に求めるのでしたら、
セル「D2」に
 = YEAR(B2)
 と入力します。(図2)

■ 関連知識 ■

 YEAR関数を使うと、引数で指定された日付の年だけを取り出すことができます。ワークシートを開いたときの年を取り出したい(例えば、2000年にワークシートを開くと、2000、2001年にワークシートを開くと2001と表示させたい)場合は、図3のようにします。NOW関数は現在の日付のシリアル値というものを返す関数です。シリアル値とは、日付を整数、時間を小数で表した数値のことです。ExcelやWordにおいて日付や時刻はこのシリアル値で処理されています。

また、別の指定の仕方として
 = YEAR(TODAY())
 としても同じ結果を得ることができます。

スポンサードリンク

■ ■

初級シスアド講座

初級シスアド 分野別過去問題 初級シスアド 過去問題

SQL講座

Excel講座 ITパスポート試験情報